排水口のつまりの直し方を教えてください。

排水口のつまりの直し方を原因から解説!

排水口がつまると悪臭が漂うようになり生活に影響を及ぼしてしまいます。そこですぐにでも直したいところですが、そのためにはまず原因から考えることが重要です。

原因が分かれば直し方の方法も、なぜその方法でなければいけないのかという理由もわかってきます。ということで今回は排水口のつまりの原因と直し方についてみていきましょう。

流しの排水口

つまりの原因

まずそもそもなぜ排水口がつまってしまうのか、その原因から探っていきます。

台所の場合は油汚れが主

台所の排水口がつまる原因の主なものは油汚れです。お皿やフライパンに付着している少量の油を洗い流す内に、段々と排水口内の内側に油の層が形成されていきます。

長年かけて作られた油の層はやがて途轍もなく固くなってしまい物理的に削らないかぎり落とすこともできません。

お風呂場は色々な要因による

お風呂場のつまりの原因は「髪の毛・石鹸カス・アカ・皮脂・タン」など様々です。そしてこれらの汚れが排水口内に溜まると細菌が繁殖しどろどろになり、より汚れを溜めやすくなってしまいます。

人の髪の毛は毎日抜け落ちるものなので、お風呂場を使えば使うほどつまりやすくなるともいえるでしょう。

参考文献:自分でできる排水管や排水口の詰まりの直し方 http://www.forst-holz.com/自分でできる排水管や排水口の詰まりの直し方/

つまりの直し方

つまりの直し方は汚れの種類によって異なります。そのあたりをきちんと確認しておきましょう。

まずはパイプクリーナー

簡単で効果の高い方法はパイプクリーナーを流し込む方法です。パイプクリーナーには「次亜塩素酸ナトリウム」という成分が含まれており、これは髪の毛などを溶かしてくれます。

また「水酸化ナトリウム」という成分も含まれていて、これは油を強力に溶かしてくれます。なお水酸化ナトリウムは製品に含まれる濃度が5%を超えると劇物に指定されるほど強力な成分なので扱いには注意が必要です。

水圧を利用してつまりを解消

パイプクリーナーで駄目なら圧力の力に頼る方法を試してみましょう。排水口を雑巾などで塞ぎ、油の洗浄力の高いお湯をたっぷり溜め、雑巾を引き抜いて一気に流し込むのです。

シンプルではありますが手の届きにくい排水口内へ強い力をかけることができるのでつまりも直るかもしれません。

直す方法はきちんとある

排水口がつまるとどうして良いか分からなくなり混乱するかもしれません。ですがきちんと直し方は存在し、すぐにでも実行できます。

まずはパイプクリーナーを試してみると良いでしょう。